寺社運営

 宗教法人である寺社には、住職、総代、責任役員や檀信徒の間の内部紛争トラブルや、責任役員の任務懈怠への責任追及、寺院規則の変更手続、新たな公益事業活動の実施、宗派・宗門との包括被包括関係トラブルなど、組織運営に関する様々なお悩みが日常的に生じております。弊所は寺社である皆さまをお守りする弁護士の立場で、実際に発生した紛争トラブルを解決すべく、または紛争の発生を事前に防止するために、法的側面からのアドバイスを行うほか、寺社を守護する矛や盾たる代理人として表に立って交渉や訴訟を遂行いたします。

お寺の合併

Q お寺同士がひとつになる「合併」という手続があるとのことですが、これは一体どのような場合に使うものなのでしょうか。合併を行ううえで必要な手続についても教えてください。

続きはこちら

お寺の代表役員の解任

Q 弊寺の住職は代表役員を兼ねておりますが、最近、住職が外部のコンサルタントを名乗る者と結託して、寺院の財産を責任役員会や総代会にも無断で勝手に売却など処分している疑いが出てきました。帳簿書類なども住職がどこかに持ち去ってしまい、責任役員会が開示を求めても一切応じてもらえません。寺としてはこのまま代表役員の横暴を見過ごすわけにはいきません。寺にてこのような代表役員を一方的に解任することはできますか。

続きはこちら

お寺の収益事業とは?具体例と税法上に注意すべき点を解説

Q 弊寺としては、先般、長いこと寺が貸していた土地が返還されたため、この土地を使って新たにマンションを建てて賃料収入を得たいと思っています。寺がマンション経営をすることについて何か問題はありますか?

続きはこちら

お寺の人的組織

Q 寺社には住職や総代、責任役員や檀信徒総会など色々な立場の方がいますが、そもそも宗教法人の組織はどのような形で管理運営されているのでしょうか。

続きはこちら

お寺の公益事業

Q 弊寺では境内に幼稚園を併設して運営をしています。宗教法人が行う「公益事業」についてどのような制限があるのでしょうか。

続きはこちら

包括被包括関係

Q 寺院において宗派・宗門とはどのような関係になるのでしょうか?寺院は宗派・宗門の指示などに絶対に従わなければならないのでしょうか?

続きはこちら

お寺の備付書類

Q 寺院を運営するうえで事務所には必ず帳簿などを備えておかなければならないと聞きました。具体的にどのような書類を備え付けておかなければならないのでしょうか。

続きはこちら

お寺の規則変更手続

Q 弊寺には寺院規則がありますが、過去の設立時に定めた規則の内容が実態と合わなくなってきていることを受け、今回、規則内容の変更をしたいと思っています。寺院規則の変更のためにはどのような手続を踏む必要があるのでしょうか?

続きはこちら

財産寄付と税金

Q このたび弊寺の住職が交代することになり、これに伴い前住職が個人名義で保有する土地を寺院名義に変更したいと思っています。前住職から寺院に寄付(贈与)させた場合、どのような税金が誰にかかるのでしょうか?

続きはこちら

03-3519-3880 メールでのご相談はこちら